トップページ> よくある質問「麗石」

 よくあるご質問


お客様から寄せられたよくあるご質問を掲載しています

よくある質問「麗石」編よくある質問「麗石」編よくある質問「麗石」編よくある質問「ペット全般」
◆人工宝石「麗石」のよくあるご質問

 ご遺骨はどのくらい必要ですか?
「麗石」はご遺骨の一部分を用いて製作します。ペンダント、ブレスレットや念珠用の親玉の場合、約2グラム(小指半分程度)、オブジェの場合は約10~20グラム(小指3~4本分程度)が目安です。発色効果を高めるために、遺骨の混合量を設定しておりますが、ご希望により変更は可能です。ご遺骨の量をできるだけたくさん入れたい、または少ししかない、という場合でも出来るだけご希望に沿うようにしたいと思いますのでご相談下さい。詳細はご遺骨量の目安をご覧下さい。

 遺骨はどの部分でもいいのですか?
どの部分でも大丈夫です。ただ、なるべく白い部分でお作りするほうが、出来上がりの色はきれいに仕上がります。

 製作の立会いはできますか?
製作の立会いは、お客様のご都合が可能な限り、お立会いをお願いしております。(土・日・祝可能) 立会いいただく時間は約2時間~2時間半です。実際にご遺骨を使用するところをご確認いただけます。パウダー加工のお立会いも可能です。⇒事前にご予約が必要です。 工房の見学も可能です。サンプルも多数用意しておりますので、お気軽にお越し下さい。⇒事前にご連絡をお願いします

 遺骨の受け渡し方法はどうするのですか?
次の3つの方法からお選びいただけます
(1)弊社にご持参いただき、製作にお立会いいただく
(2)弊社よりお受け取りに伺う (有料です。ご相談下さい)
(3)ご郵送いただく (ご遺骨は硬めの容器のお入れいただき「石材料」(われもの)として郵便局のゆうパックや配達記録が残る宅配便をご利用下さい。)
詳しくはメモリアルストーン「麗石」のご注文方法をご覧下さい。

 残った遺骨は返してもらえるのですか?
大切なご遺骨は製品のお届け時に一緒にお返しします。ご希望により、パウダー加工(粉骨)もいたします。
納骨の日が近い場合には、先にお返しいたします。お知らせ下さい。

 残った遺骨を散骨したいのですが・・・
散骨用に粉骨加工いたします。また代行散骨・チャーター船による散骨も承っておりますのでご相談下さい。

 残った遺骨を永代供養したいのですが・・・
高野山不動院の永代供養墓「法音」を承っております。また、その他の永代供養の寺院・霊園をご紹介いたします。

 他人の遺骨と混じることはないのでしょうか?
徹底した個別製作で溶融るつぼは一度だけの使用ですから、他の遺骨と混ざることはありません。また、個別管理しますので取り間違うこともありません。安心してお任せ下さい。

 割れたり欠けたりしませんか?
「麗石」の曲げ強度は御影石の3~5倍の強さがありとても丈夫です。また、硬さは天然ひすいと同程度です。万一、割れたり欠けたりした場合は再度溶かして再生できます。その場合はご連絡下さい。

 自分が死んだときに一緒に火葬したいのですが、大丈夫ですか?
火葬温度で溶けてガラス状になります。できればご一緒の骨壷に納骨されることをおすすめしています。

 あとからデザインを変更することはできるのですか?
再度溶かして新しいデザインに再生できます。ただし、色は変更できません。

 人もペットも一緒に製作するのですか?
人とペットは別ライン、別の機器で製作いたします。